せんねん村はユニットケア、ご利用者と寄り添うケア、支配的管理をしない専門職の協働によるケアの質の向上を目指します。

お問い合わせ
求人情報
せんねん村
せんねん村について

せんねん村について ABOUT US

木のぬくもりのある建物で、質の高い個別ケアサービスを提供

理念「こころのびのび からだいきいき いのちきらきら」

[大切にします あなたの個性]
『今日も1日良い日でした、と言っていただけるように』

使命

せんねん村は、地域の皆様の暮らしを支え、共に歩み続けます。

せんねん村 運営方針

せんねん村 運営方針

• いのちを大切にします
• 暮らしを大切にします
• 個性を大切にします
• 気づきを大切にします
• 資源を大切にします

せんねん村の合言葉

せんねん村には「知りません」「できません」「わかりません」という言葉はありません。
スタッフは「だいじょうぶ」「安心してください」を合言葉に村人さんや村を訪れる皆さんのご要望に、いつでも笑顔でお応えさせていただきます。

村人さんはもちろん、村に住んでいないお年寄りの皆さまの生活も応援しております。

環境自主行動計画

[環境理念]
社会福祉法人せんねん村は、地球環境の保全が施設運営における重要課題であると認識し、地球環境保全に積極的に取り組みます。

[環境方針]
1. 環境に関連する法令を遵守します。
2. 省エネルギーを推進して二酸化炭素排出量を抑制し、低炭素社会の実現を目指します。

[数値目標]
エネルギー使用量(原油換算)を前年度比1%削減することを目標とします。

[実施対策]
• 空調温度を適正に設定します。
• 照明の点灯管理を徹底します。
• 給湯使用量の節減に努めます。
• 高効率空調設備を導入します。

一般事業主行動計画

計画期間 : 平成27年9月1日 ~ 平成32年8月31日

詳しくはこちら PDFファイル

女性活躍推進法 行動計画

計画期間 : 平成28年4月1日 ~ 平成32年8月31日

詳しくはこちら PDFファイル

愛知県ファミリー・フレンドリー企業

有効期間 : 平成27年9月1日 ~ 平成32年 8月31日
ファミフレネットあいちHPは こちら
あいちっこ家庭教育応援企業は こちら

登録証はこちら PDFファイル

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerなどの閲覧ソフトウェアが必要です。
Adobe Acrobat Reader(無料)のダウンロードはこちら

理事長挨拶 GREETINGS

「こころのびのび からだいきいき いのちきらきら」
ユニットケア、ご利用者と寄り添うケア、支配的管理をしない
専門職の協働によるケアの質の向上を目指します。

これまでの人生いろいろあったけど、せんねん村で暮らした日々が一番良かったよ。
そう思っていただける村であり続けます。

せんねん村施設長 中澤 明子
せんねん村 理事長
中澤 仁

 社会福祉法人せんねん村は、誰もが健康で安心して暮らすことができる福祉のまちづくりを進めるため、21世紀を迎えた2001年、「ミレニアムの年でもあり、これから1000年先続くように、そして色々なことに『 専念(せんねん)』・・・ 仕事にせんねん ・ 遊びにせんねん ・ 暮らしにせんねん ・ 人生にせんねん できる施設をという願いを込めて誕生しました。初期は故中澤明子と一部のスタッフで開設、その後、直ぐに全スタッフの自主的考え判断にもとづいて運営されています。
 せんねん村は人に優しく自然にもやさしい建物にするため、木をふんだんに使っています。住み心地にも落ち着きと安らぎを感じるように配慮をしています。

 特別養護老人ホームは、従来型の基準に従いながらも全室個室にする方法を模索。その結果少人数でグループをつくる現在のユニット型施設を、まだ介護保険で制度化される前から手がけました。
 住み慣れた町を離れず、ひとりひとりにあったサービスを受けながら、安心して暮らすことができるように、なじみの関係を断ち切らない施設運営を考え、グループホーム、小規模特養、ショートステイ事業など、多様な施設やサービス事業を西尾市内に展開しています。

 また、高齢者問題は、実は若者・子どもの問題でもあり、少子化の問題でもあるという連鎖課題を認識し、より子育てしやすい環境づくりを目指しています。2006年から中郷保育園の民営化に伴い病後児保育を運営開始。2011年4月からは矢田つぼみ保育園も開設、障がい児保育をソーシャルインクルージョン(社会的包摂)の視点で共生保育と個別保育をバランスよく実施しています。さらに、2014年10月からは、矢曽根地区に特養、認知症ケアに特化した、認知症通所介護施設、併せて児童クラブを開設し多世代交流を図っております。

 今後は地域になくてはならない存在であり続けるために、高齢者と子どもが交流できる機会の拡大、地域の皆さまからの意見・コメントをいただく仕組みづくり等、地域との連携や連帯を強めるためにも、さらには人材育成の場としての研修事業等にもこれまで以上に力を入れて参ります。
 常に理念を忘れることなく、ご利用者・地元住民の方々の声に謙虚に耳を傾け、自助努力して参る所存です。何卒、ご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。


「求人に関するご連絡」は、お電話またはメールにてお問い合わせください 
0563-65-5553
社会福祉法人 せんねん村 総務課
〒445-0872 愛知県西尾市矢曽根町蓮雲寺29番地1
または
©社会福祉法人せんねん村